本日の臨時ニュースに出ていた記事です。

第91回全国高校野球選手権大会の奈良県代表に決まっている天理高校(奈良県天理市)は30日、部員16人がインフルエンザの症状を訴え、うち2人は新型インフルエンザの感染が確認されたと発表した。現在は野球部寮を閉鎖し練習も休止中。症状が治まり次第練習を再開する予定だが、全国大会前の最終調整に大幅な遅れをきたし、試合への影響が懸念される。
  ◇  ◇
 選手権で2度の優勝を誇る強豪が、本番直前に思わぬトラブルに見舞われた。同校によると、27日に1年生部員1人が発熱などの症状を訴え、28日はさらに4人に、せきや38度前後の発熱などの症状がみられた。16人のうち1人は奈良大会でベンチ入りした3年生メンバーだという。
 ほかに症状を訴えているのは2年生4人、1年生11人。発症者が増えた28日午後には練習を切り上げ、寮を閉鎖。野球部員は計58人で全員が寮に入っていたが、現在は帰宅している。29日以降も練習はできない状態で、再開は保健所などと相談して決めるとしている。
 森川芳夫監督(53)は「大半の部員は元気で、かかった生徒も回復している。一日も早く練習が再開できるようにしたい」と話した。
 すでに日本高野連には事態が報告されている。2日から5日まで行われる代表校の甲子園練習では、日程を最後に回すよう配慮される予定。高野連の小森年展事務局長は「まだ日にちがあるので、学校側で詳しく調査すると思う」と話した。
 同校は25日の奈良大会決勝で郡山を破り、3年ぶり24度目の夏の全国大会出場を決めたばかり。選抜大会も19回出場し1度優勝している。今春の選抜では優勝候補に挙げられながらも1回戦敗退。今大会は雪辱を期して挑むはずだったが、思わぬ形で調整不足を余儀なくされることになった。


今大会では全国でもトップクラスの強力打線は大丈夫か?
2009.07.31 / Top↑