子供たちの間では都市伝説のような解釈がされているプロテインについて少し・・・

小中学生の時期からプロテインを飲むと筋肉が付き過ぎて成長が止まる!とか体が硬くなる!とか言われていますが・・・(成分的に有り得ません!^^)

現在では野球に限らずハードな練習をこなす小中学生アスリートの間では常識とも言われています。

「プロテイン」

プロテインの一種プロテインサプリメントは日本でいう健康食品の一種である。これらは必須アミノ酸をバランス良く、あるいは極端に偏って配合してあり、不足が予測される栄養素を補助するために用いられる。その多くは粉ミルクに類似した外見をした乳白色の粉末であるが、風味を加えたものは様々な着色された製品も見られる(後述)。この粉末を水などの液体に溶いて流動食のようにして食べる(飲み下す)。

アスリートやボディビルダーはトレーニングの後に損傷した筋肉の修復の為20~30gのタンパク質を必要とし、このとき摂取したタンパク質によって筋肥大を起こし、筋力が上昇する[1]。タンパク質は卵・肉・魚といった動物や、穀物ないし豆といった植物などからも摂取できるが、それらからタンパク質を大量に採取しようとすると、往々にして動物からは脂肪分が、植物の場合には炭水化物を大量に摂取することに繋がり、その結果としてカロリー摂取過多となり余分な体脂肪をつける原因となる。さらに、筋力質な体型を維持するだけでも1日に体重×1.5~2gのタンパク質が必要となる[1]。このため炭水化物や脂肪分を除去し精製し、タンパク質含有率を高めたプロテインが必要となる。吸収効率の面から言っても普段の食品より、プロテインの方が優れている。従って現在ではアスリートにとってプロテインは必需品で、成長期の子供やスポーツ愛好家の中にプロテインを愛用する者もいる。

原料は牛乳や大豆である為、トレーニングの目的は関係なしにベジタリアンがタンパク質の欠如を補うためプロテインを必要とする場合もある。

原料は、特定の動植物から得られたものである場合もあれば、細菌など菌類を使って合成・抽出される場合もある。いずれの場合においても、不純物が混入しないよう、様々な化学的工程を経て精製されたものである。

プロテイン摂取の際でも、ミネラル類や各種ビタミン、その他の栄養素は通常の食事で摂取する必要がある。徹底してサプリメントを好む、あるいは栄養バランス調整を行っている者は、他の栄養素もサプリメントから得ようとする場合もみられる。この場合は栄養学的観点から必要摂取量を測っているなら問題は生じないが、生半可な知識で行うと栄養失調の恐れもある。

なお、プロテインサプリメントとしては様々な機能性食品(食物繊維など)としての機能を持つものがある。一般に行われるダイエットなどでは摂食制限から栄養失調に陥る危険性も指摘されているが、そのダイエット向けプロテインサプリメントでは、総合栄養食として不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素を配合してある、所定のダイエット食品と一緒に食べることを前提とした製品も見られる。これらはその前提に沿う限りにおいて、カロリー制限されながらも必須栄養素をバランス良く含む食事が行えるようになっている。

主に、筋肉を維持または増強する目的で摂取されるが、プロテインサプリメント自体は単なる「高蛋白食品」でしかなく、薬物的な筋肉増強効果はない。適切なトレーニングや食事と併用し、これらを数ヶ月あるいは数年といった長期にわたって継続することで初めて効果が期待できる。

しかし、一部ではプロスポーツの選手やボディビルダーが愛用しているなどのイメージから、ステロイドホルモンのような筋肉増強剤と混同している者もおり、運動せずとも過剰摂取すれば、それだけ筋肉がつくという誤ったイメージも娯楽メディアを中心にネタとして描かれるなどしている。少年雑誌などに掲載された通信販売の広告でも、あたかもプロテインを飲むだけで筋骨逞しい肉体になると宣伝しているものもある。プロテインはトレーニングと併用して筋肉が負荷によって発達する際に必要とする栄養を補助的に摂取するためのものであることから、こういったイメージはむしろ有害といえる。スポーツ選手やボディビルダーがプロテインを使用する行為も、トレーニングによって傷付いた筋肉が修復され強化される際に必要とする「部品ないし材料として」である。

また、ダイエットという観点でも、プロテイン自体は単なる栄養補助食品であり、薬理効果はない。さらに、タンパク質自体も栄養学的に生理的熱量が存在する(プロテインサプリメント1gで3.5~4kcal程度)。よって、運動やトレーニングを全くしていない者が「通常の食事に加えてプロテインを摂取する」というのは「普段の食事に加えてステーキを食べた」というのと大差なく、「余分なカロリーを追加して摂取しているだけ」である。故に過剰摂取された栄養により肥満につながる。

土日の練習の様にハードなメニューをこなして食事をしても体重が増えない事も有ります。

更に高校へ進学すると創造を超える練習をしている為、通常の2倍、3倍の食事をしても体重が減っていく現象も有るようですので栄養を補うと言う意味ではプロテインも必要になると思います。

大型スポーツ店等には専門の知識を持ったスタッフがいますので時間が有る方は一度聞いて見るのも良いと思います。

個々の成長や体型に合ったアドバイスを的確に頂けると思います。

夏場の体力やスタミナ消耗を考えてこの時期はトレーニングしてる訳ですがそれを更に補うと言う意味ではサプリメントも現代スポーツには必要かも知れません。

2010.02.01 / Top↑