今回オーシャンでは応援幕を新たに発注しました。父兄の皆さんから意見を聞き、良い案を出して頂きみんなで決めました。

「全員野球 夢叶うまで挑戦」

結構定番なロゴと思うかも知れませんがどのように解釈するか?子供達はどう思うのか?が大事だと思います。

「全員野球!」当たり前のことですが、「全力で何事にも取り組む」これは甘えの多い人間にとって、永遠の目標かもしれません。

しかし、気持ちのムラをなくし、本気で「勝つんだ」「うまくなるんだ」という気持ちさえあれば可能だと考えています。

いかにチーム全体にその雰囲気をつくり出すかが、強い(勝つ)チームになるポイントであり、選手、スタッフ、保護者の方々、OBの皆様が一体となった時が、その時だと思います。

まだ成長過程の中学生ですし勝つ事だけが大事では有りませんが「強い気持ちを持つ!」と言う事から考えれば
チームにしても個人にしても大切な事だと思います。

「全員野球」これは様々な解釈があるかもしれませんが、全員が同じ練習をやるという意味ではありません。
全員とは部員一人一人の役割という意味です。当然、レギュラーは9人で、その他のメンバーは控え組ということになります。

しかし、控え組でレギュラーと同じモチベーション(動機付け)を保てるかといえば、それはなかなか難しいことです。レギュラー以外の控え組を最後まで、「頑張れ」といって励ますことも方法のひとつかもしれませんが・・・

たとえばケガをして試合に出れない部員、チーム内には様々な部員がいます。(色んな意味で)

部員一人一人の長所をうまくチームに活かしていけるような、適材適所な人員配置や役割を人数が少ないチームですが
同じ気持ちでみんながやってくれれば良いかな?と思います。

会社でも同じです。社長と営業マンだけでは会社経営はできません。

「全員野球」とはそういう意味が有ると思います。少しでも子供達に伝えたいですね^^
2010.05.26 / Top↑