本日のニュースより・・・

「高校野球広島大会・準決勝、崇徳4‐5新庄」(26日、マツダ)
 準決勝2試合が行われ、如水館、新庄が勝って決勝に進んだ。如水館は3年連続、新庄は初の決勝進出。新庄‐崇徳では、選手交代のルール確認と説明のため、試合が午後3時32分から同4時51分までの1時間19分も中断する、前代未聞の“事件”が起こった。
  ◇  ◇
 前代未聞の中断劇は、4‐4で迎えた延長十回表に起こった。
 崇徳は無死一塁から先発・阪垣を左翼に回し、松尾を登板させた。松尾が次打者に犠打を決められ1死二塁となると、再び阪垣をマウンドへ戻し、松尾を左翼へ。さらに2死三塁となってから、再び左翼・松尾と投手・阪垣を入れ替えた。
 野球規則では、この交代は認められていない。しかし審判は投手交代をコールし、松尾も投球練習を始めた。投手交代となれば阪垣はベンチに下がらなければならないが、この時点で崇徳はベンチ入り選手20人を使い切っていた。野球規則を厳密に適用すれば、没収試合で崇徳の敗戦となる。
 高野連の話し合い、新庄・迫田守昭監督(65)の抗議などで、中断は延びに延びた。特にベンチの迫田監督は関係者に「規則は規則でしょう!」「帰りますよ!」などと怒気を含んで抗議。結局1時間19分後、投手・阪垣、2死三塁から試合再開となったが、再開直後に新庄が1点を勝ち越し、試合は5‐4で新庄が勝利した。
 広島高野連・阿蘇品理事長は「申し出があった時に(審判が)ルールを把握していなかった」と不手際を認めた。その上で「高校野球は教育的な意味合いを持ってやっている。厳しい方向(没収試合)よりは、元の状態に戻して再開しようというのが、こちらの判断」と話した。
2011.07.27 / Top↑